おはようございます。

改正 特許法 第34条(同前)
 特許出願前における特許を受ける権利の承継は、その承継人が特許出願をしなければ、第三者に対抗することができない。

2 同一の者から承継した同一の特許を受ける権利について同日に二以上の特許出願があつたときは、特許出願人の協議により定めた者以外の者の承継は、第三者に対抗することができない。

3 同一の者から承継した同一の発明及び考案についての特許を受ける権利及び実用新案登録を受ける権利について同日に特許出願及び実用新案登録出願があつたときも、前項と同様とする。

4 特許出願後における特許を受ける権利の承継は、相続その他の一般承継の場合を除き、特許庁長官に届け出なければ、その効力を生じない。

5 特許を受ける権利の相続その他の一般承継があつたときは、承継人は、遅滞なく、その旨を特許庁長官に届け出なければならない。

6 同一の者から承継した同一の特許を受ける権利の承継について同日に二以上の届出があつたときは、届出をした者の協議により定めた者以外の者の届出は、その効力を生じない。

7  第三十九条第六項及び第七項 第39条第7項及び第8項の規定は、第2項、第3項及び前項の場合に準用する。
特許法 -----------------以上 改正特許法34条
コメント:
 
第39条6項の削除に伴う改正です。

弁理士試験ブログランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。 ('-^v)
へにほんブログ村

2011/10/05 23:27:51
人間は、自分に近い価値観や経験を持つ者に対し安心感を抱き、信頼を寄せるもの。だから、相手が自分とは違う価値観を擁していたとしても、それを否定するのではなく、その人の考え方や感情を理解するよう努めよう。つまり“共感”をすることが大切だ。これは、同僚・部下と接する際の要諦といえよう。