こんばんは、赤羽@東京です。

改正 第百六十七条(審決の効力)
何人も、特許無効審判又は延長登録無効審判の審決が確定したときは、当事者及び参加人は確定審決の登録があつたときは、同一の事実及び同一の証拠に基づいてその審判を請求することができない。
--------------------以上 改正特許法第167条
コメント:
一事不再理の原則の規定が、変わりました。
審決が確定したときは、当事者及び参加人を除いた「者」は、
①同一の事実及び②同一の証拠に基づいてその審判を請求することができる、
ことになりました。

注意事項:

「確定審決の登録があつたとき」が、「審決が確定したとき」に変更されています。
改正前後で、「審決確定前」までは、一事不再理の原則は適用されません。

まぐまぐ:http://archive.mag2.com/0001322790